実録ウォシュレットが止まらなくなったときの対処方法

wash-toilet



 

こんにちは!カブラギ (@T_W_H_R_C) です。


先日パチンコ屋のトイレに入ったときにウォシュレットが止まらなくなりました。
これは、どんな人にも降りかかる可能性がある事故だと思うので、みなさんは、ボクのお尻の穴を見て学んでください。


こんな方におすすめ
  • ウォシュレットが止まらないと考えるだけで眠れない方
  • ウォシュレットが止まらなくなるのが怖いので、和式専門ですという方
  • ウォシュレットのことならとにかく興味があるという方

 

とあるパチンコ屋のトイレに入ったら

休日


街を闊歩していたら、急に激しい腹痛に襲われたので、目の前のパチンコ屋に入りました。
ボクはパチンコをやらないのですが、パチンコ屋のトイレはキレイなので、結構利用します。


間に合わなかったということもなく、スムーズに便を終え、ウォシュレットを起動。


「ヌーン」 (ウォシュレットのノズルが出てくる音)


ウォシュレットのボタンを押してから、水がお尻の穴に当たるまでのコンマ数秒間の緊張感ってなんなんでしょうね。


ウォシュレットによって、この数秒に微妙な差があるので、たまに


「あれ?水でない?」と思ったら、次の瞬間お尻に水が噴射されて、「アッ♡」ってなるときありますよね。


さて、ボクは長い時間お尻に水を当てない派なので、そうそうに「停止」ボタンを押下して、トイレタイム終了の鐘を鳴らそうとしたそのとき


「ん?止まらないな。」

ウォシュレットが止まらない

「停止」ボタンを連打しました。


何度も何度も押しました、たまに「タッタッ」とダブルクリックみたいに押してみたり、長押ししてみたり、思いつく限りのボタンの押下方法を試しましたが、ウォシュレットが止まらないのです。


この間 3 分ほどでしょうか。
このときは 30 分くらい経過したように感じました。


「これどうすればいいの?」


強引に便器から立ち上がろうとしたら噴射され続ける水でズボンがベチャベチャになります。


北海道の冬ですよ。
そのまま外にでたら、下半身は凍傷になり、最悪の場合死に至ります。


手で抑えるか?


いや、手で抑えたまま、便器から立ち上がってその後どうする?
次の一手が思いつかない。


助けを呼ぶか?


下半身丸出しだし、パチンコ屋なんて民度の低い場所で助けなんて求めたら、下半身だけじゃなくて、足元まで見られて、「助けてほしければ金をよこせ」とか写真取られてSNSにアップされるかもしれません。


最悪の場合死に至ります。(社会的に)


これは「詰み」なのでは?

タイムリミットが近い、お尻の

ウォシュレットってある程度の時間経過したら、勝手に止まると思ってて、それを期待したのですが、一向に止まる気配がありません。


かれこれ、15分くらい経過したでしょうか。
たった15分と思いましたか?
想像してください、ボクは今お尻の穴に水を当て続けられているのですよ?


これがお尻じゃなくて、鼻と口だったら、多分溺れてます。
お尻で良かったです。イヤ良くない。


15 分もお尻の穴に水を当て続けられるというのは、性的というか精神的にきついです。
きっと人間のお尻の穴は水を当て続けていいようにできてない。


恥辱を受けている気分です、まさに肛門です。違った、拷問です。


人はお尻の穴に水を当て続けられると考える力を失っていくのでしょう、色々なことがどうでも良くなってきます。
そして、ゆっくりとお尻の穴がほぐれていくのです。


あ、これが走馬灯かな?

ウォシュレットが止まらない 解決編

そのとき電撃が走りました。


そう、電気です。 


電撃が走ったのは比喩です。
でも電気なんですよ、ウォシュレットって電気で動いているんですよ。


それに気づいて便器の周りを見回したところ、一本のコンセントを見つけました。


「これが、蜘蛛の糸か。」


ボクはゆっくりとコンセントを引き抜きました。
そして、便器から立ち上がり、トイレのドアを開けて、手を洗い、店を後にしました。


もう少し遅かったら、別の新しいドアが開いていたかもしれません。
今日もボクのお尻は元気です。


結論
「ウォシュレットが止まらなくなったら、コンセントを探せ」


以上『実録ウォシュレットが止まらなくなったときの対処方法』でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昭和生まれの30代独身。 職業はインフラエンジニア的な何か。 年収300万円程度なので、同世代では圧倒的低所得者。 『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで、金融投資や自己啓発に目覚める。 読書好き、年100冊程度 人生を少しでも良い方向へ曲げるための情報を自分のため、並びに同じような境遇の人達のために発信する。