STORK(ストーク)でTwitterウィンドウが2つ表示される事象の対処方法

stork_twitter2



こんにちは!カブラギ (@T_W_H_R_C) です。



記事のツイートボタンをクリックしたときに、ウィンドウが2つ出る現象の対処策です。
「OPENCAGE」のWordPressテーマを使っている他のブログでも対処していない人が結構いました。


当ブログでは「OPENCAGE」のWordPressテーマ「STORK (ストーク)」を利用しており、実際に対処したときの手順をご紹介します。

こんな方におすすめ

 

  • 「STORK (ストーク)」を使っている。
  • 記事のツイートボタンを押すとウィンドウが2つ出る。

Twitterのシェアウィンドウが2つ表示されてしまう

stork_twitter2-1

「OPENCAGE」のWordPressテーマ利用していて、この「ツイート」ボタンをクリックすると、Twitterのシェアウィンドウが2つ表示されてしまいます。(2018年10月現在)


当ブログでは「STORK (ストーク)」でこの現象が発生していましたが「STORK (ストーク)」以外のテーマでも発生する報告があります。

発生原因について

この現象は、自前でTwitterのフォローボタンを設置している場合に発生します。

stork_twitter2-5

↑ これです。

「OPENCAGE」のWordPressテーマにもともと設置してある、「ツイート」ボタンと自前のTwitterのボタンに反応してしまい、ウィンドウが2つ開いてしまうようです。


恐らくTwitterのボタン側のコードを編集することはできないので、WordPressテーマ側を編集して対処します。

FileZillaでテーマファイルを「子テーマ」にコピーする

「OPENCAGE」のWordPressテーマを編集するときは

必ず「子テーマ」で編集します!!


「親テーマ」を編集することもできなくはないのですが、余計なトラブルのもとになります。
ず「子テーマ」で編集しましょう。

絶対に「子テーマ」で編集をしましょう。

ボクの場合、サーバーはエックスサーバーを利用しており、FileZillaでサーバーへ接続して「子テーマ」へコピーしました。

FileZilla で「子テーマ」へコピーする


1.FileZillaを起動して、サーバーへ接続する


2.[ブログのフォルダ/public_html/wp-content/themes/jstork] へアクセスします。


3.「parts_sns.php」(記事コンテンツ下のボタン)と「parts_sns_short.php」(記事タイトル下のボタン)をダウンロードします。


4.ダウンロードしたファイルを[ブログのフォルダ/public_html/wp-content/themes/jstork_custom] へコピーします。


FileZilla での作業は以上です。

WordPress管理画面でテーマを編集する

WordPress管理画面にアクセスします。


1.[外観] ⇒ [テーマの編集] へアクセスします

2.以下のように必ず編集するテーマを「stork_custom」にします。

3.「parts_sns.php」を選択します。

4.以下のコードを探して削除します。

onclick=”window.open(this.href, ‘tweetwindow’, ‘width=550, height=450,personalbar=0,toolbar=0,scrollbars=1,resizable=1’); return false;”

 

stork_twitter2-2

5.「parts_sns_short.php」も同様に上記のコードを削除します。

ファイルを保存すれば、作業は完了です。

まとめ

他の「OPENCAGE」のWordPressテーマでも同様の現象が発生する可能性はあると思うので、現象を確認したら、同じページに Twitter ボタンがあるかを確認してみて、同じような対処を行うことが可能か検討してみてください。


以上『STORK(ストーク)でTwitterウィンドウが2つ表示される事象の対処方法』でした。



ABOUTこの記事をかいた人

昭和生まれの30代独身。 職業はインフラエンジニア的な何か。 年収300万円程度なので、同世代では圧倒的低所得者。 『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで、金融投資や自己啓発に目覚める。 読書好き、年100冊程度 人生を少しでも良い方向へ曲げるための情報を自分のため、並びに同じような境遇の人達のために発信する。