禁煙してこれが良かった、喫煙歴15年がタバコをやめた影響

non-smoking



こんにちは!カブラギ (@T_W_H_R_C) です。


2017 年の年末くらいにボクはタバコをやめました。
喫煙歴は約 15 年でした。 (少し盛ってる)


そんなボクの経験をもとに、タバコをやめるメリットやデメリット、またその影響について考察してみます。


昨今、世間的にも禁煙しやすい空気感はあります。
タバコが吸えるところも減ってきて、タバコの値段は上がる一方。
やめるにはいい流れと思います。


この記事がタバコをやめようとしている人たちの助けになったらいいなと思ってます。

 

この記事はこんな方におすすめ

 

  • これからタバコをやめようと思っている人
  • タバコをやめた影響について知りたい人
  • 禁煙成功者の体験談に興味がある人

 

なぜ煙草をやめたのか?

non-smoking1

一般的な禁煙を始める理由、メリットとしては以下のようなものが多いと思います。

・健康になる

・食事が美味しくなる

・臭いが服につかなくなる

・節約になる

……など
また、一般的に考えられるデメリットしては

・太る

・タバコミュニケーションがなくなる。

……などでしょうか。
ボクの場合は特に以下のような理由でタバコをやめました。

ボクがタバコをやめた理由 ③ 選

① お金

② 時間

③ モテたい

ひとつずつ解説します。

お金

もっとも大きな理由は「お金」です。
なんの意外性もないつまらない理由で申し訳ない。

 

キッカケは、『金持ち父さん・貧乏父さん』という本なんですよね。
ボクはこの本を読んで、お金の大切さを意識し直してタバコを辞める決心をしたのです。


喫煙歴 15 年のボクがタバコを辞める決心をするほどの衝撃をこの本から受けたのだと理解してください。


ボクは「セブンスター」を吸っていたので、確か 1 箱 460 円くらいだったはずです。
計算すると、1 日 1 箱で 1 ヶ月 ¥13800、1 年で ¥165600 かかります。
冷静に考えると、低所得者には非常にきつい出費です。


またタバコを買いにコンビニに行き、お菓子や飲み物も一緒に買うという経験がない人はいないと思いますが、タバコをやめるとコンビニに行く機会が減るので、タバコ以外の出費も抑えられます。

時間

意外と見落とされがちなのが「時間」です。
タバコをやめることで、タバコを吸ってる時間はもちろん、わざわざタバコを買いにいく時間もカットすることができます。


その浮いた自由な時間を読書や学習など、自分にとってプラス働くことに使いたかったのです。

モテたい

当時、マッチングアプリをやっていてボクは気づきました。
ほとんどのマッチングアプリでは、女性側のプロフィールの「相手に望む条件」みたいな項目があるのですが


タバコを吸わない人を望む人が圧倒的に多いです。
中には「喫煙者の時点でダメ」みたいな多く人もいます。



一部では「タバコを吸っている男性が好き」という女性もいますが、かなり少数派です。
そのため、喫煙者よりもタバコを吸わない人の方が単純に女性に出会えるチャンスが多いことになります。


マッチングアプリを例にしましたが、普通に出会う女性が相手でも吸わない方が印象が良いです。
逆にタバコを吸ってる女性と話したり会う機会は減るかもしれないので、そこはデメリットといえるかもしれないです。

煙草をやめて良かったこと

non-smoking3

禁煙して 1 年が経過し、もう完全に吸いたいとは思わなくなりました。
今では目の前でタバコを吸われてもなんとも思いません。
タバコ吸ってた経験のせいか臭いもそこまで気になりません。


結果からいうと、タバコを「やめて良かった」です。
お金や時間は体感で分かりづらくて

タバコやめた = 使える時間やお金が増えた

と直結はなかなか認識できませんでした。

 

タバコをやめてよかったこと ③ 選

① スターバックスなどの禁煙の場所に行ける

② 禁煙が話題になる、一目置かれる

③ タバコ吸ってる人を見ると得した気分になる

ひとつずつ解説します。

スターバックスなどの禁煙の場所に行ける

個人的にはこれが、禁煙して一番影響大きいです。


ボクは読書が趣味なのですが、禁煙してからはスターバックスなどのカフェで読書することが多くなりました。
スターバックス、ちょっと憧れてたんですよね。
喫煙者のときはテイクアウトしかしたことなかったので。


あとは映画館とか、飛行機乗るときとか、いわゆる「吸い溜め」みたいなことをしなくても良いので、楽になりましたね。

禁煙が話題になる、一目置かれる

喫煙者にタバコに誘われる

タバコをやめたことを伝える

どうやって禁煙をしたのか?で会話が生まれる。


この流れ何度もありました。
あまり仲良くない方との会話の取っ掛かりとしては良いですよね。


しかも、喫煙者は「タバコをやめる」って結構すごいことと思っている人が多いです。
やめたいと思ってもなかなかやめられないですからね。
ボクの周りでも

「俺は、過去に7回禁煙成功している!」

とネタにしている人もいます笑

タバコ吸ってる人を見ると得した気分になる

自分性格悪いなぁと感じる瞬間です。


タバコを吸ってる人を見ると

「あーこの人より毎月数万円ボクの方がお金を自由に使えるんだ」

と思います。


禁煙の最初の方はこれをモチベーションにしてた部分もありますね。

煙草をやめて悪かったこと (影響)

non-smoking2

基本的にタバコはやめるメリットの方が多いですが、反対に、タバコをやめたことによって起こった悪い影響です。


タバコをやめた (悪い)影響 ③ 選

① 太った

② タバコミュニケーションが無くなった

③ 休憩時間が手持ち無沙汰になる


ひとつずつ解説します。

太った

これはタバコをやめる影響でよく言われますね。
「ご飯が美味しくなる」からとか言いますが、もともとタバコには「抗肥満作用」があるので、タバコをやめることでそれがなくなる影響と言われています。


また、タバコをやめると食欲の増加し、栄養の吸収も促進されるため、どうしても「太りやすく」なります。


とはいえ、これもやめた後ジムにいくとか、運動するとか対策はできます。

タバコミュニケーションが無くなった

喫煙所でのコミュニケーションって実は結構影響があるようで、職場のタバコを吸う友人と疎遠になりがちです。


また、喫煙所の話に参加できないので、あとあと話題に置いていかれてしまうこともありました。
ただこれは、職場の友人や同僚が自分の人生にとってどれくらい必要なのかにはよると思います。


元々、そこまで仲良くするつもりがなかったのであれば、逆に話す機会が減るので、良いとも考えられますね。

休憩時間が手持ち無沙汰になる

「タバコをやめて、自由な時間が手にいれる」みたいなことを上のほうで言ってましたが、禁煙初期の頃は、仕事中の 5-10 分の短時間の休憩時間の使い方に困ります。


喫煙していたときは、迷わず「タバコを吸う」だったのですが、それがなくなると、何をしたらいいのかと迷ってしまいます。


今も休憩時間は時間の使い方に迷いますが、最近は 10 分昼寝みたいなことをしてます。

禁煙のメリット・デメリットのまとめ

non-smoking4

いかがだったでしょうか。


ボクが誇れるものはなんだろう? ボクの経験の中で人の役に立つものはなんだろう? と考えたときに「タバコをやめた経験」だと思い、この記事を書きました。


ここでは、健康への被害についてはほとんど触れなかったですが、単純にタバコは身体に悪いです。
肌や睡眠へも悪い影響ばかりで、特に女性だと妊娠への影響もあります。


ボクがそうだったのですが、「仲の良い人が喫煙者だからやめづらい」という状況があると思います。
しかし、自分の身体やお金、時間は自分だけのものです。
人にあわせてばかりではなく、自分のためを一番に考えて、判断してください。


ちなみにタバコをやめてもモテませんでした……。

禁煙のメリット・デメリットのまとめ
・タバコをやめるとお金や時間が有効に使えて、スタバにもいける
・タバコをやめると太る、一部の友人とは疎遠になりがち
・ 自分の身体やお金や時間を一番大事してタバコの影響を考える


以上『禁煙してこれが良かった、喫煙歴15年がタバコをやめた影響と効果』でした。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北海道札幌住み、昭和生まれの30代独身。 職業はシステムエンジニア的な何か、多分同年代では低所得者。 『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで、人生をこのまま終えたくないと本気で思い、金融投資や自己投資に目覚める。 月10万-20万PVの小規模なブログメディアの運営に携わったことがあるため、その経験を活かし個人ブログを開設。