30代投資初心者でかつ低所得者のボクが資産運用を始める

my-investment-title-img



給料も上がらず、退職金も減っていき、年金なんていくらもらえるかわからないご時世、給料以外の収入源の模索が必須になりつつあります。

 

この記事では現在ボクが実施している資産運用や投資先やどのくらいの金額をかけているのかを簡単にご紹介します。
ボクのように収入が少なくても投資に興味がある人の参考になればと思います。

 

詳細は個別の記事を今後用意していくので、そちらで確認できるようにしていきますのでよろしくお願い致します。

まずは、ボクの投資の歴史を

プロフィールにも記載してますが
ボクは『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで投資や資産運用を始めました。

 

もともと投資に興味はありましたが、第一歩がなかなか踏み出せないなか、この本に出会って遂に重い腰を上げたのです。

 

もうこんな歳になってしまいましたが、いつ始めても遅いということはないはずです。

 

ボクの投資の始まりは仮想通貨からです。
2017年12月13日Coincheckに10万円を入金し、当時 1XRP 44円だったリップル(XRP)を1000XRP購入したのが始まりでした。

左下の青い矢印で初めて買ってますが、見直すとすごいタイミングで始めてますね。

 

そのため、投資歴は1年程度の素人です。

素人のボクの資産運用内容公開

現在のボクの資産運用内容を以下にご紹介します。

BTC-FX

BTC-FXは2018年3月から始めました。
現在はブログやプログラミングの学習をしていて、あまり見れてないですね。

 

身についているかは別として 勉強は結構していて書籍やNote、サロン代をトータルすると軽く10万以上は勉強代として使っています。

 

投資歴1年の素人が簡単に勝てる世界ではないことは理解していますので、経験を積みながら長い目で勉強していこうと考えています。

 

BTC-FXは10万円から始めて半分くらいになってしまいました。
今5万円くらいです。 (2019年1月)
取引所はbitflyerとBitMEXを使ってます。

外国為替取引 (FX)

外国為替取引 (FX) はBTC-FXの価格が動かないときに、勉強になるかなと始めましたが、最近はほぼ見れてません。

 

DMM.comを使ってましたが、あまり評判が良くないようなので、移動を検討中。こちらも10万円から開始しましたが、ほぼトントンです。

WealthNavi(ウェルスナビ)

『WealthNavi(ウェルスナビ)』は2018年8月から始めました。
下がり続ける仮想通貨を見ていることに疲れてしまい、長期目線で手のかからない投資を探していたところ、ネットで見かけて開始しました。

 

最初に10万円を投資して、毎月3万円を積み立ててます。
『WealthNavi(ウェルスナビ)』は全く手がかからないので、楽です。
銀行にお金を寝かしておくくらいなら、試してみてはいかがでしょうか。

WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイト


wealth-navi-review

評判のウェルスナビを今こそ始めるための初心者向け解説【実績を随時更新】

2018年10月31日

仮想通貨 (現物)

仮想通貨投資を始めたのは、2017年12月からで、現物で持っているのは主にリップル(XRP)です。
あとは、BTCとTRXとLSKが少しあります。

 

現物購入で利用している取引所は、BitBank とBainanceです。
リップル(XRP)は今後上昇することを信じてるので毎月少しづつ購入してますが、全く上がる気配がないので、どうしようか検討しています。

低所得者のボクの資産運用まとめ

これが今のボクの資産運用内容です。

 

せっかく投資のカテゴリーを用意したので、今後も投資の内容を書いていきたいのですが、そもそもタネ銭少なすぎて投資してる場合なのかと思い始めていますw

 

以上『30代投資初心者でかつ低所得者のボクが資産運用を始める』でした。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昭和生まれの30代独身。 職業はインフラエンジニア的な何か。 年収300万円程度なので、同世代では圧倒的低所得者。 『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで、金融投資や自己啓発に目覚める。 読書好き、年100冊程度 人生を少しでも良い方向へ曲げるための情報を自分のため、並びに同じような境遇の人達のために発信する。