FP3級は過去問を繰り返し学習することをオススメします

fp3kyu-gakusyu



こんにちは!カブラギ (@T_W_H_R_C) です。

この記事では独学で「ファイナンシャル・プランナー(FP)3級」を取得したボクの経験からオススメの勉強法や参考書、学習時間の目安についてご紹介しています。

昨今「年金」や「税金」の話題がニュースになることが多いですよね。
この機会にお金の勉強して「ファイナンシャル・プランナー」の資格を取得してみるのはどうでしょうか。

ファイナンシャル・プランナーとは以下のような資格です。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

日本FP協会

要するにお金のスペシャリストです。

ファイナンシャル・プランナーは主に、税金、投資、不動産、保険、相続など一般人の生活に関わる部分についての知識が必要になります。

そのため、身近なお金の知識を得るにはファイナンシャル・プランナーを取得するのがちょうど良いのです。

FP2級以降は難易度が高いですが、FP3級は取得難易度が低い資格で、ビジネスマンでも仕事の合間や休日に勉強して資格を取ることができます。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • お金の知識をつけたい
  • これからFP3級に挑戦しようとしている
  • FP3級取得の勉強時間や勉強法について知りたい

なぜお金の知識をつける必要があるのか

fp3kyu-gakusyu1

最近は「老後の資金が2000万円足りない」と話題になっています。

ボクも例外ではなくて、今の仕事は退職金もないし、収入も低いため十分な蓄えもありません。
このままでは老後の資金は足りないし、ボクが年金をもらうとき年金制度自体がどうなっているかもわかりません。

恐らく、今後も「年金」や「税金」の問題、話題は次々出てくることが予想されます。
そんなときに「お金」の知識がないと話題についてもいけず、理解もできず、ただ搾取され続けるだけです。

知らないと損することもある

例えば、老齢厚生年金の受給開始年齢は原則65歳からですが、66歳~70歳までに年金の受け取りを繰り下げして開始できる「繰り下げ受給」という仕組みがあります。

「繰り下げ受給」行うと「繰り下げた月数×0.7%」が老齢基礎年金額に加算されます。
この仕組みはボクもファイナンシャル・プランナーの勉強をするまで知りませんでした。
他にも「こんな仕組みあるんだ」というのが結構あります。

これらは誰も教えてくれません、自分で勉強するしかないのです。

ボクがFPの勉強を始めたきっかけと理由

いくつかきっかけや理由はありますが、主に以下のような考えやきっかけでした。

・ 仮想通貨から投資の世界に興味をもったから

・『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだから

・いずれは独立したいと考えているから

・知識がないことで損をしたくないから

特に「知識がないことで損をしたくないから」が大きい理由です。
知らないことで損することは生きているとたくさんあります。
他人は助けてくれなので、自分の身を守るために知識をつけようと考えました。

資格取得に必要な費用や学習時間

fp3kyu-gakusyu2

FP3級の試験は1月、5月、9月の年3回実施されています。
あいだが約4ヶ月間あるので、ビジネスマンでも十分な準備期間はあります。

ボクのスペック

実際にFP3級を取得したボクのスペックをご紹介します。
参考になったら幸いです。

ボクのスペック

・30代前半

・文系、大学卒業移行まともな勉強をした覚えがないので、多分脳みそはツルツル。

・ファイナンシャル・プランナーと今の仕事とは全く関連性なし

・金融系の知識は、少しFXや株を勉強したことがある程度

とファイナンシャル・プランナーと関わるのは今回の学習が初めてです。

FP3級はこのスペックでも独学のみで十分取得できる難易度の資格です。

資格取得にかかる費用

FP3受験料

・学科試験:3000円

・実技試験:3000円

学科だけ受り、実技試験だけ受けるという場合は実技試験分の料金になります。
支払い方法によって手数料が発生します。

あとは、書籍代ですね。

ボクの場合はこの2冊を使いました。

Amazonで

1728円+1620円 = 3348円

でした。
後述しますが、複数の参考書や問題集を使うのは実はあまり効率が良くないので、この2冊で十分です。

学習時間

金融系や保険、不動産関係の職業経験があると間違いなく学習に有利です。

ボクには今まで関わりのなかった分野なので、少し苦労しました。
仮想通貨ブームのときに投資やFXを少し経験したので、投資関連の知見は多少ありました。

色んなWEB サイトでは、「ファイナンシャル・プランナー3級取得の学習時間」について書かれていますが、時間がバラバラでなかなか参考にしづらいですよね。

ちなみにGoogleで「FP3級 学習時間」で検索した結果の1ページ目を平均したところ

「66.1時間」になりました。

ボクも大体このくらいの学習時間だったと思います。
日々の学習時間のイメージとしては、

・ 平日:30分-2時間
・ 休日:2時間-4時間

こんなペースで勉強していました。
ボクの場合は3ヶ月くらいかけてゆったりと勉強していたので、学習期間が短いなら、日々の学習時間は伸びることになりますね。

学習時間は人によるので大体の目安程度に考えておけばよいかと思います。

出題形式

試験の出題形式は、◯×式と三答択一式です。

FP3級では、実技試験も”実技”とは書いてますが、筆記試験です。
実践に近い感覚の問題形式といったイメージしていいです。

過去問をやっていけば感覚は掴めるはずです。

勉強方法はこれをオススメします

fp3kyu-gakusyu3

以下のような勉強は良くないと言われています。

☓ 何冊も参考書や問題集をやる

☓ ひたすら参考書を読み続ける

☓ 満点を目指す勉強

参考書を複数やるのは、一見良さそうですが「限界効用」の観点から勉強の効率はあまり良くありません。
同じような本を2冊読んでも効果が2倍になるわけではなく、1.5倍くらいしか効果が得られず、3冊目になれば、3倍どころか2倍にもならず、読んだ数と成果は必ずしも比例しないからです。

ひたすら参考書を読むのも勉強法としては、よくありません。
脳はリソースの節約のため、利用(アウトプット)する情報を優先的に記憶に定着させようとします。
そのため、インプットで得た知識よりも、アウトプットした知識のほうが記憶に定着しやすいという言われています。

また、FP3級の試験は、学科、実技ともに6割取れれば合格できます。
満点を取る必要はないので、難しい問題や理解するのに時間がかかりそうなところは飛ばしてしまうのも手です。

しかし、これは「試験に合格するため」の勉強法であり「お金の知識」をつけることを目的にするのであれば、難しい問題も理解できるまで繰り返し学習が必要です。

まとめると

資格試験の効率の良い勉強法

①過去問を解く

②解説や参考書で知識を補完する

① ②を繰り返すことがもっとも効率の良い勉強法といえます。

ボクの場合は更に家ではなくカフェや図書館などで勉強をしていました。
ひとによると思いますが、家でなかなか集中できないタイプの人には外で勉強することをオススメします。

ファイナンシャル・プランナーを取得して何か変わったか?

ファイナンシャル・プランナーを取得したからといって、いきなり収入が上がるなんてことはありません。
ほぼ収入面においては影響はないでしょう。
しかし、一般的な保険や税金、年金の知識はつくのでそれらのニュースへのアンテナが広がります。

今までなんとなく斜め読みしていたニュースの中でも、「年金」「税金」「投資」というワードを見つけると読んでみたりします。

まだまだわからないことも多いですが、今までスルーしていた情報をキャッチできるようになることは知識をつけるメリットだと思います。

結論はひたすら過去問を繰り返す

fp3kyu-gakusyu

FP3級取得に向けた効率的な勉強方法の結論としては

「過去問を繰り返しやりましょう!」

になります。
FP3級は独学でも取れる難易度の低い資格試験です。
履歴書にも書けます。

FP3級はお金の勉強しつつ資格が取れる、とても効率の良い資格だと思うのでオススメです。

以上『FP3級は過去問を繰り返し学習することをオススメします』でした。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

北海道札幌住み、昭和生まれの30代独身。 職業はシステムエンジニア的な何か、多分同年代では低所得者。 『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで、人生をこのまま終えたくないと本気で思い、金融投資や自己投資に目覚める。 月10万-20万PVの小規模なブログメディアの運営に携わったことがあるため、その経験を活かし個人ブログを開設。