バカと付き合うな【感想/書評】堀江/西野の初共著は尖りすぎて刺さりすぎる

Do_not_go_out_with_stupid_things



堀江貴文さんと西野亮廣さんの初共著『バカと付き合うな』を読みました!
ざっくりとアウトプットを兼ねて感想を書いていきたいと思います。

 

タイトルのインパクトに負けないくらい、トゲトゲしてて、それでいて暖かい印象を受けました。
実は、二人ともツンデレなのかな?と……w

 

ひとたびコメントをすると、炎上することが多い二人ですが、そこには明確な意図や想いがあったのです。

 

この本はこんな人にオススメ!!
・自由になりたいのに、自由になれない人

・悪いバカになりたくない人

・良いバカになりたい人

『バカと付き合うな』の購入経緯

ボクは堀江貴文さんも西野亮廣さんも著書はほとんど読んでいて、お二人ともとても尊敬していて、好きなひとです。

 

ボクにとってこの本は、カレーライスにハンバーグを載せたみたいな贅沢な本です。
発売日から気になっていたのですが、積んでる本が多すぎて読み始めるのに時間がかかってしまいました。

堀江貴文さんと西野亮廣さんの情報

堀江貴文

1972年福岡県生まれ。実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。元ライブドア代表取締役社長CEO。

著書に『ゼロ』『本音で生きる』『多動力』『自分のことだけ考える』
『これからを稼ごう』などがあり、ベストセラー多数

本そでより

西野亮廣

1980年兵庫県生まれ。芸人。

著書は、絵本に『Dr. インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『えんとつ町のプペル』、小説に『グッド・コマーシャル』、ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』があり、全作ベストセラーとなる。


本そでより

ここ数年、本屋のビジネス書コーナーにいけば、お二人の顔を見ないことはありません。
そこくらい今最前線を走ってる二人の共著を読まないわけにはいかないですね。

本の概要

Do_not_go_out_with_stupid_things3

本書の1章、2章では付き合ってはいけない、自分自身がそうなってもいけない悪いバカについて語られています。

 

そして3章では、堀江貴文さんは西野亮廣というバカについて語り、西野亮廣さんは堀江貴文というバカについて語る。
最後にお互いが自分というバカについて語るという構成です。

引用を踏まえて 印象に残ったところを

ここから、本書の印象に残ったところを引用しつつ感想をご紹介。

レッドオーシャンではなくブルーオーシャンに行け。ビジネスの世界ではもう常識のように言われる言葉です。それでも「レッドオーシャンに来い」という人のコトバは、くれぐれも、無視してください。

(26ページ)

ビジネスに限ったことではないですが、人と違ったことをしようとすると「ホントに大丈夫かな」と迷ってしまいます。

 

最近のボクの話になりますが、最近節約のためにランチタイムの外食を辞めました。
いつも一緒にランチに行っていた友人には断りをいれ、今ボクはカップラーメン1つで過ごしています。

 

「ランチくらい節約しても変わんないよ」とか「付き合いも大事だよ」とか言われましたが、無視しました。
内心自分は非常に自己中心的な行動をとっているのではと思ってしまったこともありましたが、『バカと付き合うな』を読んで自信が持てました。

 

カブラギ
自分でいうのもアレですが、例話のスケールが小さいなw

ランチに500円-1000円払うのが、レッドオーシャンとは言いませんし、バカとまでは言いませんが、自分の意思を尊重して行動することに自信を持っても良いのだということが言いたかったです。

 

 

やりたくない仕事を嫌々やって、押し付けられた他人の時間を生きていくほうが、まわりに同じような人が一見多そうに見えても、実は孤独リスクが高いルート。

(144ページ)

最近、ボクは孤独です。
ビジネス書や自己啓発本を読み始めて、投資や資格の勉強をしたりとここ1年で生活がガラッと変わった結果、今まで付き合っていた友人と全く話や価値観が合わなくなり、休日も一人でいることが多くなりました。

 

たまに心が折れそうになりますが、まだ何も達成できてないからだと考えてます。何らかの成功体験をして、自信が持てたらそのときは今と別のコミュニティに飛び込み、価値観の合う仲間を見つけたいです。

 

 

「お前は変われる。バカな部分もある、だけどそれは変えられるものだ、あきらめるな」

そう言いつづけているように聞こえます。

(195-196ページ)

西野さんから見た、堀江さんの色んなものごとを否定する姿勢に対しての見解です。

 

堀江さんは色んなことを否定するけど、個人を人格的に否定するのではなく、行動を否定しているのだと。
それは引用のように、「お前は変われるんだ。」と言ってるように聞こえるということです。

 

んー刺さりますね。
堀江さんは他人に興味がないことを豪語してますが、本当に「お前は変われるんだ。」と言い続けてるのだとすると、本当は人が好きで、みんなが好きになれる人になってほしくて、少しキツイ言い方をしているのかもしれません。

 

 

最後に

行動してください。

この本を閉じたら、すぐに行動してください。

当然、行動には恐怖や痛みは伴います。

それでも、それら一切を受け止めて、走り続けてくだされば、きっとぼくらは、どこかの酒場で出会えると思います。

その時は、堀江さんやぼくやぼくらの友人といった、バカとつき合ってください。

(251-252ページ)

本書のあとがきからの一文です。
ボクもそうなのですが、ビジネス書や自己啓発本を読むとやる気がでてきて、モチベーションがあがります。

 

しかし、意識が高まって気持ちを高ぶらせて終わってしまっては勿体ないです。
すぐ行動に移しましょう。

 

と思い、この記事もそのモチベーションの勢いに任せて書いてるわけですw

まとめ

Do_not_go_out_with_stupid_things2

この本はバカとつき合わない方法が書かれた本ではないです。
悪いバカとはどんな人かを理解し、自分自身がそうならないことを意識する。そして良いバカである、著者二人がお互いにお互いを客観的に評することで、個人の著書の時と違った視点が見られるのでしょう。

 

以前就職した会社の新人研修で「自己紹介」ではなく「他己紹介」をしたことを思い出しました。

 

周りに遠慮ばかりしないで、周りに合わせてばかりいないで、良いバカになりましょう。そして悪いバカとは必要に応じて距離を取りましょう。

『バカと付き合うな』まとめ!!
・悪いバカと良いバカは紙一重、良いバカになろう

・人と違うことを恐れない、自信を持って行動する

・すぐ行動をする


以上『バカと付き合うな【感想/書評】堀江/西野の初共著は尖りすぎて刺さりすぎる』でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北海道札幌住み、昭和生まれの30代独身。 職業はシステムエンジニア的な何か、多分同年代では低所得者。 『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで、人生をこのまま終えたくないと本気で思い、金融投資や自己投資に目覚める。 月10万-20万PVの小規模なブログメディアの運営に携わったことがあるため、その経験を活かし個人ブログを開設。