格安SIMへ乗りかえ手続きの前にやっておいたほうがいい5つのこと

before_change



こんにちは!カブラギ (@T_W_H_R_C) です。


ボクの iPhone も遂に格安 SIM への乗り換えをしました。
今まで月 1 万円くらい払っていた携帯料金が、月々の 3000 円ほどになったのでかなり節約になっています。


ボクは直接店頭で乗りかえ手続きを行ったのですが、その際に、店舗に出向く前にやっておいたほうがよかったと感じた 5 つのことをご紹介します。

この記事の内容を把握しておけば、スムーズに手続きができるはずです。
ボクはiPhoneユーザーですが、その他のスマートフォンでも同じようなものと思いますので、参考になれば幸いです。

こんな方におすすめ
  • 格安 SIM への乗り換えを検討している
  • SIM カードの手続きの流れを知りたい
  • 格安 SIM の節約に興味がある。

 

OSを最新にアップデートしておく

店頭で手続きをした場合、SIM カードをその場で入れ替えるのですが、iPhone の場合、iOS が最新じゃないと、「アクティベーション」がうまくいかない場合があるようです。 

アクティベーションとは、広い意味では「機能を有効にすること」であり、パソコン分野では一般的に、ソフトウェアの機能が使えるようにユーザー登録を行うことである。
アクティベーションの機能を持つソフトウェアでは、使用にあたってアクティベーションを行う必要がある。一般的な方法は、インターネットを経由したアクティベーションで、ユーザーのパソコンのハードウェア構成とソフトウェアのシリアル番号をひも付けて認証を行う。すると、アクティベーションが実行されて、機能がフルに使えるようになる仕組みである。なお、電話によるアクティベーションもある。

weblio 辞書 | アクティベーション

アクティベーションがうまくいかないと、通信が行えないため、インターネットもメールも当然 LINE もできません。


ボクの場合は、最新のiOSへアップデートをしていなかったですが、問題ありませんでした。
しかし、念の為店頭に行く前に最新バージョンにアップデートしておいたほうが無難です。

キャリアのアドレスを重要なID等に登録していないか確認する

契約キャリアが変わるため、今まで利用していたキャリアのメールのアドレスが使用できなくなります。


ソフトバンクなら「@i.softbak.jp」と「@softbank.ne.jp」ですね。
これらのメールアドレスを重要なアカウントに登録していた場合に、後々このアドレスでメールが受け取れないことによって面倒なことになる可能性が考えられます。


例えば、アカウントのパスワードを変更するときにアドレス宛てにメールに送信されて見れないとか、重要なお知らせがアドレス宛てに送信されて見れないなどが考えられます。


そのため、事前に Gmail や Yahoo 等の別のメールアドレスへ変更しておきましょう。

機種代金の残債に注意する

機種代金をキャリアで分割支払いをしている人は機種代の残りの支払い額に注意が必要です。


ボクの場合は、iPhone8 を使用していて、契約から 1 年しか経過していなかったので、残り6万円ほど機種代の支払いが残っており、この6万円を一括で支払う必要がありました。


支払い方法はキャリアによって違うかもしれないので、事前に確認しておいたほうがよいです。


また、契約内容と契約からの経過日数によっては契約解除料が別途発生しますので、注意が必要です。ボクの場合は9500円 + 税がかかりました。

普段の通信量を把握しておく

乗りかえ先のキャリアによって、契約内容は様々ですが、利用できる通信量で契約プランに差があるパターンが多いので、自分が毎月どのくらいの通信量を使用しているのかを把握しておくとプランの選択がスムーズに進みます。

ボクの場合は、普段通話はほぼしないので、通話料金無料の特典がついていなくて、月の通信量3GBまでの格安のプランで契約しました。

MNPを用意しておく

他社から乗りかえる場合、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用することで、電話番号をそのままの状態でキャリアを乗り換ることができます。


現在契約中のキャリアで MNP の予約申し込みを行い「MNP予約番号」を受け取る必要があります。


電話をかけるか WEB から申し込むことができます。
キャリアによってアクセス先や電話番号は当然違うので、以下の「UQ Mobile」を参考にしてください。

他社からのお乗りかえ(MNP)

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間なので、有効期限内に手続きを行いましょう。


ボクの場合は店頭でキャリアに電話して「MNP予約番号」を発行しましたが、事前に発行しておけばよりスムーズです。


電話すると、キャリアのサポートの人が乗り換えを思いとどまらせようとしてきますが、必要なことだけ伝えて、さっさと「MNP予約番号」を発行してもらいましょう。

格安SIMへ乗り換え前の確認まとめ

before_change2

いかがでしょうか。
いま、格安 SIM を提供しているキャリアは非常にたくさんあります。
使用料金や通信速度等を比較した情報を載せている WEB サイトもたくさんあるので、中から自分にあったキャリアを見つけてください。


契約の内容とか、料金体制が結構複雑なので、直接店頭に出向いて説明を聞いてみるのも良いと思います。


以上『格安SIMへ乗りかえ手続きの前にやっておいたほうがいい 5 つのこと』でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昭和生まれの30代独身。 職業はインフラエンジニア的な何か。 年収300万円程度なので、同世代では圧倒的低所得者。 『金持ち父さん・貧乏父さん』を読んで、金融投資や自己啓発に目覚める。 読書好き、年100冊程度 人生を少しでも良い方向へ曲げるための情報を自分のため、並びに同じような境遇の人達のために発信する。